咳が2週間以上続いたら要注意!!!

 

風邪が原因ででる咳であればすぐに治りますが
咳がとまらず2週間続いてとまらないときは、要注意です。

 

2週間以上続く咳は、風邪が原因ではない可能性があります。

風邪のウイルスは体内に侵入して増殖しますが、2週間も生きられません。
ですから、咳が2週間以上続いたら風邪薬では治せないと思ってください。

 

では、風邪以外であれば何なのか?

可能性があるのは

  • 肺がん
  • 結核
  • 間質性肺炎
  • 心不全

など思い病気の可能性があります。

 

風邪だと思い込みたい気持ちもあります。
風邪であれば気持ちはラクですから。

 

ですが、深刻な病気の可能性があるので専門医の受診することが一番。

病院へ行かずに咳を止める方法

病院へ行きたくない、
病院へ行っても同じ診断、薬ばかりで改善しない
そういう方は十黒梅をお試しください。

 

私は、娘の毎晩、激しい咳で苦しむ姿を見てきました。
それが、十黒梅を飲んだ夜から改善できたのです。
返金保証も付いているので、効果がなくても返金してもらえます。

 

他に方法がもうない、良くなるのであれば何でも試したい。
私はそんな気持ちで十黒梅を手にしました。

 

一日でも早く咳から開放されてください。

 

身近なもので咳を止めたい

身近なもので、咳止めの効果があるのははちみつです。
はちみつには、
抗炎症作用
抗酸化作用があり、咳の改善に効果があります。

 

十黒梅でははちみつではなく黒糖を使っています。
黒糖の方が天然ミネラルが豊富なのが理由だそうです。

 

トップページへ